【インディーゲーム】『Yooka-Laylee』~凸凹コンビが送るハチャメチャ3Dアクション~

こんにちは。宇原哲生です。

今回はインディーゲーム『Yooka-Laylee』のインプレッションをお送りします。

『Yooka-Laylee』は「ユーカ・レイリー」と読みます。主人公であるカメレオンの「ユーカ」とコウモリの「レイリー」のコンビが送る3Dアクションゲームです。

インディーゲームとはいえ、かなりのボリュームがあるゲーム。そして何だか既視感のあるゲーム。その理由はまたあとで述べましょう。

なお、ゲーム画面を貼ることは著作権等に抵触するので文章での説明になります。ご了承ください。

『Yooka-Laylee』ファーストインプレッション!

『ドンキーコング64』や『バンジョーとカズーイの大冒険』を生み出した開発陣が送る壮大な3Dアクションアドベンチャー。

『バンジョーとカズーイの大冒険』とよく似たゲーム設計から「精神的後継作」とも呼ばれているようです。

『Yooka-Laylee』のあらすじ

物語の内容は、世界中の本を集めて大儲けを企む金の亡者「Capital B」の野望を阻止するというもの。

野望を阻止するには本の妖精「Pagie」を集めていきます。「Pagie」はあらゆるところに散らばっていて、本の中に住んでいる住人の頼みを聞いたり、勝負に勝つと手に入ります。

『Yooka-Laylee』の触り心地は?

『バンジョーとカズーイの大冒険』のゲーム設計を踏襲しているのですが、そのまま同じかと思いながら遊ぶとかなり戸惑いを覚えるかも。

ステージはかなり広大です。そしてちょっと複雑な構造。

初めのステージはチュートリアル。あちこち動き回りながら操作を覚えます。

「動き回るだけで楽しいことがアクションゲームにおいて最重要」というのが僕の持論なのですが、そこはクリアしています。楽しい。

といってもまだ「Yooka」と「Laylee」のやれることは少ないです。「ジャンプ」と「攻撃」と「泳ぎ」と「舌を出す」ことの4つだけ。

道中にある金の羽根を集めて、赤い蛇のスゴ腕セールスマン「Trowzer」から技を教えてもらうことで、やれることが一つ一つ増えていきます。

やれることが増えると行動できる範囲も広がります。

何だかキャラクター操作がしにくく感じたので、カメラ設定を「クラシック」から「マニュアル」に変更。

よし、これでかなり遊びやすくなりました。操作を覚えたら「Capital B」のいる建物へ。

と、ここまで読んできて気づいた方はおられるでしょうか? なぜか固有名詞だけが翻訳されていません。

「Yooka」と「Laylee」はタイトルにもなっているので訳されていますが、「Pegie」「Trowzer」「Capital B」など他のキャラクターの名前は訳されていません。

会話を読んでいてセリフに訳されていない固有名詞が出てくると、頭の中で止まってしまうんですよね。

その間も会話が進んでいくので、セリフを追っていけないところが所々ありました。

最後に

1ステージだけでかなりの広さ、かなりのボリュームがありますね。インディーゲームにしては規模が大きいです。スゴい。

隅々まで遊び尽くしたら今度は徹底レビューを書きたいと思います。

注意すべきはインディーゲームということでパッケージ販売をしていません。ダウンロード販売です。

日本では Nintendo Switch のみに対応しています。

ダウンロードソフトがいっぱいで容量が不足してきたら大容量microSDカードを用意しましょう。

コメント