自己肯定感が高い人と、自己肯定感が低い人の違いとは?【自己肯定感を高め方も】

こんにちは。宇原哲生です。

今回は「自己肯定感」を取り上げます。

というのも最近、僕自身が「自己肯定感が低い」ということに気付いたから。

自己肯定感の低さはどうしようもないのか? 高く出来ないのか?

と、探ってみたらどうやら改善することは可能のようです。

自己肯定感とは?

そもそもの話、自己肯定感とはどういうものでしょう?

それは「ありのままの自分を認め、それを受け入れる感覚」のこと。

「ありのまま」というのがポイントで、欠点なども含めて自分自身を肯定することです。

自己肯定感が高い人は、小さなミスをしたとしても反省はしつつ、前向きに普段の生活に戻ることができます。

逆に自己肯定感が低い人は、良くないところばかりが目につき、自分を認めることができずマイナス思考に陥り無気力にもなりやすい。

これらの高い低いの感覚は、基本的に幼少期の親子関係で培われていくといわれています。

自己肯定感が高い人の特徴

自己肯定感が高い人とはどのような特徴を持っているのでしょう?

ちょっと自分とは違う特徴があるみたいです。

物事をポジティブに捉える

自分自身に対して肯定的なので、あらゆる物事に対しても前向きに捉えることができます。

他人に対しても良い面を見つける習慣が身についているので、良い所を見つけて褒めたり尊重をすることができます。

意思をはっきりと持っている

「自分はこうしたい!」という気持ちをはっきり持っているので行動に迷いがありません。

他人の評価を気にせず、自分主体で積極的に行動することができます。

得手不得手を理解している

自分の得意なところ、苦手なところを把握しています。

強みは日々の活動に活かす一方、弱みは「これはこれで自分らしさ」と受け入れています。

他人の意見を尊重できる

自分の意見と違っていても相手の意見を尊重し認めることができます。

良い意見であれば素直に受け入れ称賛することができ、意見交換を楽しむことができます。

自己肯定感が低い人の特徴

今度は自己肯定感が低い人の特徴です。

やっぱり僕はこの特徴に当てはまる部分が多いです。

気持ちがネガティブになる

すぐに「自分は何をやってもダメ」と考えてしまう傾向にあります。

自分を信じる力が低く、物事を取り組む前から「失敗するかも」と考えがちになります。

優柔不断

自分の決断に自信を持っていません。なので一度決めたことにも迷いが生じ意見を変えてしまうことがあります。

他人に否定されることを恐れるため、選択肢をひとつに絞ることにも必要以上に労力を要します。

考えが変わりやすいので、一貫性がないと思われてしまう場合があります。

他人に認められたい気持ちが強い

いわゆる承認欲求が強い傾向にあります。

自信を持てないので、どうにかして自分の価値を相手に認めさせようと努めます。

一方的に武勇伝を語ったり、高級品に身を包んだりする行動も、その一環かもしれません。

他人に依存をする

自分に自信が持てないために他人に意思決定を委ね、言われた通りの動きをしようとします。

家庭であれば親、仕事であれば上司や先輩。自分以外の誰かに判断をまかせて行動をしがちです。

自己肯定感が低くなる原因は?

なぜ自己肯定感が低くなってしまうのでしょう?

いろいろ複雑な理由がありそうです。

成功体験が少ない

自己肯定感は様々な体験を通して培われます。

成功体験が少ないとネガティブな考えに陥る傾向にあります。

自分を否定する考えが大きくなり、その考え方が癖になってしまいます。

コンプレックスを持っている

幼少期からコンプレックスを抱えたり、他人の評価を気にしてきた場合、自己肯定感が低くなりがち。

「自分はダメな人間だ」と否定的に思い込んでいる場合があります。

子供の頃に厳しく育てられた

子供の頃に育てられた影響は大きいといいます。

他の家の子と比べて否定的な言葉を使ってしまうと、自己肯定感が低くなってしまうそうです。

自己肯定感が低い人の改善方法

ここが一番重要な項目です。

自己肯定感が低い人が高くなるためにどうすればいいのでしょうか?

今の現状を認める

ネガティブな部分を含めて「これが自分である」と認めてあげることから始めてみましょう。

誰もが負の感情を持っているもの。だから自分も大丈夫、と捉えてみましょう。

否定言葉をやめる

否定的な言葉、例えば「でも~~」「自分なんて~~」を頭に付けることをやめてみましょう。

また些細なことで「すみません…」と反射的に言ってしまうのもNG。

「ありがとう」と肯定的な言葉に変えてみるといいみたいです。

自分の気持ちを優先する

自己肯定感が低い人は無意識に周りの顔色をうかがいながら行動し、他人を優先している傾向があります。

そのため自分が何を望んでいるのか目を向けていません。

他人ではなく自分はどうしたいのか、を素直に行動に移してみましょう。

自己肯定感を高くするメリット

自己肯定感が高くなると自分自身に有利に働くようになるみたいです。

他人に振り回さらなくなる

自分の価値観に従って行動ができるので、周囲に流されず進むことができるようになります。

自己肯定感が低い人は他人からの評価を気にして判断してしまいがちですが、自己肯定感が高い人は自分のやりたい事を軸に判断し行動できます。

幸福度が増す

自己肯定感が高いと、たとえミスをしたとしても「大丈夫!」と受け入れられるようになります。

何に対しても前向きになれるので満足度の高い人生を送りやすくなります。

良い人間関係を築ける

自己肯定感が高くなると他人を比較をすることなくなり、親しみやすい雰囲気が生まれます。

結果、良好な人間関係を築くことが出来るようになります。

最後に

そう簡単に自分自身を変えることは難しいとは思います。

まずは簡単に出来るところから始めていって、長い目線で変わっていくことが理想かもしれません。

「欠点を含め、ありのままの自分を認める」

これなら今からでも出来そうですね。

コメント