【インプレッション】『ロックマン11 運命の歯車!!』~8年ぶりに再始動したシリーズ完全新作~

こんにちは。宇原哲生です。

今回は『ロックマン』シリーズ完全新作『ロックマン11 運命の歯車!!』のファーストインプレッションをお届けします。

前作『ロックマン10 宇宙からの脅威!!』から8年ぶりとなる本作。人気シリーズなのに何故こんなに間が空いてしまったのでしょう?

そんな首を長くして待っていた待望の新作。否が応でも期待が膨らみます。さっそく序盤を遊んでみた感想を書いてみました。

なお、ゲーム画面を貼ることは著作権等に抵触するため文章でお送りします。ご了承ください。

『ロックマン11 運命の歯車!!』ファーストインプレッション!

カプコン『ロックマン11 運命の歯車!!』情報ページ(外部サイト)

悪の科学者Dr.ワイリーが禁断の研究を完成させ再び平和なロボット社会に襲い掛かる。

彼が完成させたのは「ダブルギアシステム」

ロボットの能力を飛躍的にアップさせる装置だが、あまりの高性能ゆえの危険性から研究は凍結れ、ライト博士とワイリーが対立するきっかけともなった因縁の装置だ。

ライト博士は事態に対抗するため、かつてワイリーが作り上げた「ダブルギアシステム」の試作をロックマンに組み込む決断をする。

果たしてロックマンはDr.ワイリーの野望を食い止める事が出るのだろうか?

8つのステージを自由に選択できる

『ロックマン』シリーズの独特のシステムの一つに「8つのステージを自由に選択できる」というのがあります。

他のアクションゲームでは「ステージA」をクリアしたら次は「ステージB」と順番に進んでいきます。

しかし『ロックマン』シリーズではプレイヤーの進みたいステージを好きに選んでいけるのです。これはシリーズの大きな魅力です。

倒したボスの能力を身につけてパワーアップ

各ステージの最後にはボスが待ち構えています。ボスは各々で特殊能力を持っており、ロックマンに襲ってきます。

本作のボスでいうなら「ブロックマン」はブロックを駆使した攻撃をしてきますし、「ヒューズマン」は電気を操り襲いかかっています。

そしてボスを倒した暁には、そのボスの特殊能力を手に入れてパワーアップ。ボスと同じような特殊能力が使えるようになります。

これも『ロックマン』シリーズの大きな特徴であり大きな魅力でしょう。

新システム「ダブルギアシステム」が登場

本作では新しく「ダブルギアシステム」が登場します。好きな時にロックマンの能力を一時的に大きく高めてくれます。

しかし、ずーっと使いすぎは要注意。オーバーヒートをしてロックマンの能力を大幅にダウンしてしまうことも。

ダブルギアシステムの力は以下の通り。

  • 周囲の時間がゆっくりと進む「スピードギア」
  • ロックバスターや特殊武器も大幅に強化される「パワーギア」
  • ロックマンがピンチ時のみ発動可能する「ダブルギア」

『ロックマン11 運命の歯車!!』の触り心地は?

ゲームスタート直後に難易度を選択できるようになっています。4つの難易度が用意されていますね。

  • もっとも難易度が低い「NEW COMER」
  • シリーズの経験者でブランクがある人向けの「ADVANCE」
  • 標準的な難易度「ORIGINAL SPEC.」
  • もっとも難易度が高い「EXPERT」

僕の場合はちょっと間が空いてしまったので「ADVANCE」で始めようと思います。

上記で述べたように8つのステージを自由に選びスタートできます。このステージ選びから攻略が始まっているんですよね。

ステージの最後に待ち受けていてるボスを倒せば、ボスが使っていた特殊能力を手に入れることができます。

この特殊能力は別ステージのボスにとっての弱点であり、弱点をついた能力で攻撃すると有利に戦えます。

ステージを選び特殊能力を手に入れ、弱点となるボスのいるステージを探しだす。このゲームの一番の醍醐味であり面白いところです。

で、早速遊んでみて気になったのは1ステージがけっこう長い。なかなかボスのところまでたどり着けない。こんなに長いものだったっけ?

ようやくボスの居場所にたどり着いたとして、特殊武器がボスの弱点じゃなかった場合のガッカリ度が大きいです。

でもボスはけっこうゴリ押しで倒せたりして。ん? 特殊能力によるボス攻略の意味は?

落ちているネジを拾い、ライト博士の研究所で交換すると1UPやE缶などのアイテムや、ロックマンの性能を強化できるパーツを手に入れることができます。これはかなり助かるシステム。

ステージ設計はかなり意地悪な仕掛けがあったり、いやらしいところに敵が配置されていたり、なかなか思うように進めさせてくれません。

ここで「ダブルギアシステム」の出番です。スピードギアで周りのスピードを落として、うまく敵の攻撃から避けたり、パワーギアで攻撃力を上げ一気に進んだり。

「ダブルギアシステム」をうまく使いこなすことがステージ攻略の鍵になると見た。

プレイして気になったのは「特殊武器セレクトショートカット」という機能。

右スティックに特殊武器を設定して、すぐ切り替えができるという機能なんですが、僕は手が大きいということがあって右スティックに当たって邪魔でした。

ON/OFFができるので気になる人はOFFにしたほうがいいと思います。

ところで本作ではシリーズに欠かせないキャラクター「ブルース」と「フォルテ」が出てこないようですね。寂しい。

最後に

8年ぶりとなった完全新作となる本作。1ステージが長いことと一撃死が妙に多い、ちょっと大味な出来になっているように感じました。

やり込んでいけばまた違う感想になるのかもしれません。今は難易度「ADVANCE」でのプレイなので「ORIGINAL SPEC.」に挑戦してクリアしたあと、徹底レビューを書きたいと思います。

コメント