プロフィール

基本情報

名前

宇原 哲生 (ウハラ テツオ)

生年月日

1978(昭和53)年9月7日生まれ。おとめ座。

血液型

A型

出身地

熊本生まれの熊本育ち。

嗜好

好きなもの

ビデオゲーム。そしてウサギが好き。

嫌いなもの

飛行機に乗ること。極度の高所恐怖症でもあるので。

性格

人見知り。人との付き合いは疲れるので、インドア派。

詳細情報

幼児期

幼児期画像

二人兄弟の長男をして生まれる。生まれたころから手のかからない大人しい子だったらしい。

一番古い記憶は2歳のころ。弟が生まれる前の母親の大きくなったお腹を触ったことを憶えています。

ぬいぐるみをたくさん持っていて大切にしていました。でも大半は幼稚園のころに父親に処分されてしました(今にして思えばひどい話だ!)。

残ったぬいぐるみは今でも大事に持っています。大事に扱っているおかげか物持ちがいいです。

物への扱い方は少なくとも家族の中では一番長けているでしょう。これには自信があります。

この頃の性格はとても大人しく幼稚園の先生に対してまったく声をかけれませんでした。でも友達は困らないくらいはいたんですよね。大人が怖かったのでしょうか?

児童期

学校では大人しい性格が災いしてか、いじめられることが多かったですね。いじめ返す勇気も度胸もなかった。

でも学校から出ると陽気でした。毎日のように友達と遊んで楽しかったです。学校の内と外ではかなり性格が違いますね。

10歳の頃に親から「ファミリーコンピュータ」を買ってもらいました。すごくびっくりしたんですよね。買ってくれるとは夢にも思っていなかったので。

ただゲームソフトは買ってくれなかったので友達から借りて遊んでいました。

小学生のころは父親の転勤もあって2回転校してます。転校は嫌でしたね。せっかくできた友達と「さよなら」しなくてはいけないので。

小学校高学年になったころから学校を休みがちになります。

青年期

青年期画像

中学校に進学の際、学校の校則で丸坊主にしなければいけませんでした。頭髪制限があったんですよね。男子生徒は坊主。女子生徒は肩までの長さ。

この中学校、21世紀に入ってもこの校則が続いてました。ニュースにまでなった悪名高き中学校です。

校則が原因じゃないんですが中学校に入ってからさらに休みがちになり、中学2年の2学期には完全に不登校になってしまいました。

父親からは散々と説教を食らいましたが、行けないものは仕方がないのです。両親は共働きをしていたので、家にいるときはゲームばかりをして過ごしていました。

高校は通信制の学校に入ります。でもあまり続きはしませんでした。

大人しさに拍車がかかり人付き合いも苦手になっていました。どんどん内側に引きこもっていきます。

17歳の時、両親が離婚。母親が家を出ていくことになり、そして父親は仕事の都合で単身赴任で家を出ていき、弟も離れた高校に通うために家を出て下宿。家にたった一人で生活していくことになります。

それまで家族仲良く過ごしていたと思っていたのに家族がバラバラになっていくのが本当に寂しかった。

このころの夢は漫画家になることでした。なので必死になって絵を描いて練習していました。

そしてますますゲームにも没頭していきます。好きなことで好きなことに1日を費やすことができるのは、ある意味幸せだったのかもしれない。

成人期

二十歳を超えても同じ環境が続きました。さすがにこのままではヤバいと思ったので一念発起。

大学入学資格検定(現在の高卒認定試験)を受けるため猛勉強。1年目で合格して、今度は大学受験のための勉強をするために再び学校に通い始めます。

しかしここで問題が発生。いままで人との接点のない生活をしていたので、どう接すればいいのか分からなくなっていました。

人間関係に悩みながらの受験勉強はかなり精神的にまいってしまい、心療内科に通院しなければいけなくなりました。

人間関係に悩みながら、精神的なものを治しながら、さらに受験勉強をするという三重苦をこなしていくのはただただキツイ。

それでも頑張って無事に大学に合格。もうこんな辛い思いはしたくないです。

大学に入学して楽しいキャンパスライフ! といきたかったのですが、肝心の人との接し方は分からないまま。

そして勉強を頑張りすぎた結果、とうとう燃え尽きてしまいました。

現在

現在画像

こうして振り返ってみると我ながら暗い人生を送ってますねぇ。今はけっこう充実した毎日を送っています。

そんな中、出合ったのがブログ。ある方の本のなかに「情報発信は楽しいよ」と書いてある文章を読んで興味を持ち、始めてみたら見事にはまってしまいました。

今はブログが一番楽しいかもしれない。

最後に

ぜひ、フォローをお願いします。

★Facebook

>>宇原哲生のFacebook

★Twitter

>>宇原哲生のTwitter

ご意見・ご要望等のお問い合わせは以下のリンクからどうぞ。

>>お問い合わせフォーム

コメント

  1. […] プロフィール […]

  2. […] プロフィール […]