【レビュー】PCエンジンmini 開封の儀【買ってよかった】

こんにちは。宇原哲生です。

2020年3月19日に『PCエンジンmini』が発売されました。

オリジナルの『PCエンジン』はハドソン(当時)とNECホームエレクトロニクス(当時)が共同開発し、1987年に発売された家庭用ゲーム機です。

当時はPCエンジンを題材にしたテレビ番組がいくつも放送されてました。『大竹まことのただいま!PCランド』は観てたなぁ…。

それでは、さっそく開封して触って遊んでみた感想を書きたいと思います。

関連記事>>>【レビュー】『メガドライブ ミニ』を購入したので開封する【こだわり満載】

PCエンジンmini

KONAMI『PCエンジン mini』情報ページ(外部サイト)

ソフトウェア開発には忠実なゲーム移植に高い定評のあるエムツーが、ハード開発には数々の周辺機器を開発し実績のあるホリが関わっていて、とても安心感がありますね。

ラインナップは58タイトル

KONAMIのロゴに妙な違和感を感じるのは僕だけだろうか?

いままで様々な復刻ゲーム機が発売されましたが『PCエンジンmini』が一番収録タイトルが多いですね。

PCエンジン タイトル

  • THE 功夫
  • 邪聖剣ネクロマンサー
  • ギャラガ’88
  • ファンタジーゾーン
  • ドラゴンスピリット
  • あっぱれ!ゲートボール
  • ネクタリス
  • ダンジョンエクスプローラー
  • ニュートピア
  • PC原人
  • イース I・II
  • 源平討魔伝
  • スーパーダライアス
  • スプラッターハウス
  • スーパースターソルジャー
  • 大魔界村
  • ワルキューレの伝説
  • オルディネス
  • 精霊戦士スプリガン
  • ニュートピアII
  • グラディウス
  • スーパー桃太郎電鉄II
  • 忍者龍剣伝
  • 天外魔境II 卍MARU
  • スターパロジャー
  • スプリガン mark2
  • スナッチャー
  • グラディウスII -GOFERの野望-
  • 超兄貴
  • 悪魔城ドラキュラX 血の輪廻
  • ボンバーマン’94
  • ときめきメモリアル
  • ボンバーマン ぱにっくボンバー
  • 銀河婦警伝説サファイア

TurboGrafx-16 タイトル

収録タイトルはすべて英語です。

  • ALIEN CRUSH
  • BLAZING LAZERS
  • DUNGEON EXPLORER
  • Moto Roader
  • POWER GOLF
  • R-TYPE
  • VICTORY RUN
  • CHEW-MAN-FU
  • J.J. & JEFF
  • MILITARY MADNESS
  • NEUTOPIA
  • NINJA SPIRIT
  • PSYCHOSIS
  • SPACE HARRIER
  • Ys book I & II
  • BONK’S REVENGE
  • CADASH
  • PARASOL STARS
  • AIR ZONK
  • NEUTOPIA II
  • NEW ADVENTURE ISLAND
  • SOLDIER BLADE
  • BOMBERMAN ’93
  • LORDS OF THUNDER

『PCエンジンmini』を開封してみた

同梱されているものは『PCエンジンmini』本体、コントロールパッド1個、HDMIケーブル、MicroUSBケーブル、取扱説明書の5点。

ACアダプターは別売りとなっています。市販品を購入してもOK。しかし購入の際、気をつけないといけないのは出力が(5.0V/2.0A/10W)のものが必要です。

オリジナルのPCエンジンも相当小さく軽かったのですが、そこからさらに一回り小さくした感じ。

外見の再現度はちょっと違います。まずはコントロールパッドのコネクタの数。オリジナルは1個だけでしたが本機では2個付いています。

ACアダプタ等ケーブルのコネクタはすべて背面に移動しています。オリジナルでは側面にありました。これでかなり見た目もすっきりしたのではないでしょうか。

『PCエンジンmini』を遊んでみた

POWERスイッチをONにしてスタート!

復刻ゲーム機だからこその感動といいますか、ずらっと並んだゲームタイトルは圧巻ですね。

PCエンジンと言うと「ハドソン全国キャラバン」のせいかシューティングゲームのイメージがあります。

しかしバラエティー豊かで色んなジャンルが揃ってますね。RPGといえば『天外魔境II 卍MARU』は名作です。

アドベンチャーゲーム『スナッチャー』もあれば、パーティーゲーム『スーパー桃太郎電鉄II』もあります。

当時、思いっきり遊んでいた『加トちゃんケンちゃん』も『J.J. & JEFF』と名前とキャラデザインを変えて収録されています。

SELECTボタンとRUNボタンを同時に押すことでリセットがかかり、同時にメニュー画面に戻る仕組みになっています。

コントロールパッドのIボタンとIIボタンの押し心地は少し固めに感じます。ちょっと違和感。

裏技情報

ここで発売当日に公式から発表された裏技を紹介します。

SOLDIER BLADE スペシャルバージョン

かつてハドソンが開催していた「全国キャラバン」などで配布されていた非売品ゲーム。

  • タイトルメニュー画面でSELECTを押しながら起動する (RUN or I ボタン)

グラディウス near Arcade

グラフィックやBGMをアーケード版に近づけたバージョン。PCエンジンminiオリジナル。

  • タイトルメニュー画面でSELECTを押しながら起動する (RUN or I ボタン)

ファンタジーゾーン near Arcade

グラフィックやBGMをアーケード版に近づけたバージョン。PCエンジンminiオリジナル。

  • タイトルメニュー画面でSELECTを押しながら起動する (RUN or I ボタン)

最後に

発売から30年近く経っているとはいえ、面白さは色褪せていませんね。購入して満足しています。

ところでこの『PCエンジンmini』は、いまのところAmazon.co.jp専売となっています。なので店頭では売られていません。気をつけてくださいね。

コメント

  1. […] 関連記事>>>【レビュー】PCエンジンmini 開封の儀【買ってよかった】 […]