ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータを購入したのでレビューしてみた。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

任天堂『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』情報サイト(外部サイト)

ミニっていうだけあって小さいサイズになって復活した「ファミリーコンピュータ」

1983年から1993年までの発売されたゲームタイトルのなかから選りすぐりの全30タイトルを収録しています。

収録タイトル

ここでざっと全30タイトルをご紹介。(順不同)

  • スーパーマリオブラザーズ
  • アトランチスの謎
  • ゼルダの伝説
  • 魔界村
  • ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会
  • パックマン
  • アイスクライマー
  • イー・アル・カンフー
  • スーパー魂斗羅
  • 悪魔城ドラキュラ
  • ドクターマリオ
  • バルーンファイト
  • スーパーマリオUSA
  • エキサイトバイク
  • スーパーマリオブラザーズ3
  • ドンキーコング
  • つっぱり大相撲
  • ダウンタウン熱血物語
  • マリオオープンゴルフ
  • ギャラガ
  • マリオブラザーズ
  • リンクの冒険
  • 星のカービィ 夢の泉の物語
  • ファイナルファンタジーIII
  • ダブルドラゴンII ザ・リベンジ
  • メトロイド
  • ソロモンの鍵
  • グラディウス
  • ロックマン2 Dr.ワイリーの謎
  • 忍者龍剣伝

実際に触ってみた

手のひらサイズでけっこう軽い。接続もHDMIとUSBだけでとても簡単。こんなに小さくて30タイトルが収録されてるなんて、「科学のチカラってすげー!」って感じ。

本体サイズが小さくなったことでコントローラーのサイズもふた回りくらい小さくなりました。手が大きい僕としては少し操作しづらいかも。

IIコントローラーのマイクは飾りですね。マイクを使って遊んだりはできません。残念。

ファミコンミニとFCカセット比較画像

実際に遊んでみた

では起動しましょう。POWERスイッチが少し固かった。ちょっと力を入れて電源を入れます。

メニュー画面に当時のパッケージが横にずらっと並んでる。なんて壮観なんだろう。子供のころの憧れだった光景が画面の中に。

十字キーを横にいれて遊びたいゲームを選びます。Aボタンを押してゲームスタート。瞬時に切り替わりもスムーズです。リセットボタンを押すとメニュー画面に戻ります。

ファミコンミニの大きなポイントは中断セーブができるところでしょうか。

遊んでいる途中にリセットボタンを押すと、メニュー画面に戻ると同時に直前まで遊んでいたところで中断できるようになります。1タイトルに4つまで中断セーブが作成できるみたいです。

ファミコンはセーブができないものが多かったですからね。特にアクションゲーム。これでサクッと遊べてサクッとやめることができます。これは嬉しい機能。

心配だったのがコントローラーの大きさ。前述したとおり小型化されているので操作しづらいんじゃないか、と思いましたが心配は杞憂だったようです。

激しいアクションゲームやシューティングゲームでも遊びやすかった。

しかし、どのゲームも難しいですね。すぐにやられてしまいます。昔のゲームは、何度も繰り返し遊んで慣れていくものが多かったんですよね。懐かしい感覚を思い出させてくれます。

ゲーム映像も綺麗に映し出されてます。『Wii Uバーチャルコンソール』では少し滲んだような映像でした。それが残念だったんですけれど、ファミコンミニではとても満足のいく仕上がりです。

まとめ

昔のゲームと侮るなかれ。令和の時代でも通用する面白さ。名作、傑作ゲームが目白押し。いつまで売られているのか分からないので、手に入れるならお早めに。

コメント

  1. […] ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータを購入したのでレビ… […]