【徹底解説】ニンテンドウ64用コントローラーの3Dスティックを修復する

こんにちは。宇原哲生です。

今回はレトロゲーム機修理シリーズ『ニンテンドウ64』編をお送りします。

長年、遊んでいるとコントローラーのスティックが、へたってきてグラグラになっていきます。

これはコントローラーの中身が経年劣化が原因です。今回はこれを修復してグラつきをなくします。

難易度は中級レベル程度になります。それではいってみましょう。

ニンテンドウ64の3Dスティックを修繕する方法

ニンテンドウ64基本情報

任天堂公式ホームページ『ニンテンドウ64

ニンテンドウ64用コントローラーを修繕する

今回は中古で購入した『コントローラーBros. レッド』を使っていきます。

長年、使用された感じがあっていい具合に3Dスティックがグラついています。

通常時も3Dスティックは傾いています。正直このコントローラーで遊ぶには難がありますね。

それではコントローラーを分解していきましょう。

準備するもの

準備するものは「プラスドライバー」と「カッター」、そして「プラスチック用エポキシパテ」です。

「カッター」は「エポキシパテ」を切るときに使用します。

分解していこう

それでは分解をしていきます。まずは9ヶ所あるネジを外していきましょう。

外す時にネジが固い場合があるので、ネジ頭を潰さないように気をつけて回していきましょう。

ネジを外して開けると上写真のようになります。それでは、ここから基板を外していきます。

まずは3ヶ所のネジを外していきます。

基板が取り外せました。ここからさらに3Dスティックの部分を分解していきます。まず黒いネジを外します。

そして、ここで一つ目の難関。赤い円で示した部分のツメを折らないように、力を入れすぎないように慎重に外します。

取り外すと上写真のようになります。

白い粉が大量に溜まっていました。これは長年、使用しつづけてきてプラスチックが摩耗し削れてしまったものです。

3Dスティックがグラついていた原因は、この摩耗です。

摩耗により削れてしまった大量のプラスチックの粉が汚いので掃除をしましょう。

修復しよう

まだ取り外す部分があります。赤い円で囲んだ部品を取り外します。これは簡単に取り外せます。

取り外しました。そして、ここで「エポキシパテ」の出番です。

使用する分をカッターで切り分け、念入りに練ります。ここから時間との勝負になりますよ。

入念に練った「エポキシパテ」を底の部分にくっつけて薄く伸ばしていきます。

さらに部品を使って余分な「エポキシパテ」を削りキレイにならしていきます。

僕の使用した「エポキシパテ」は気温によって変化しますが約60分で固まるようです。固まるまで放置しておきます。

組み立てよう

すべてを組み立てる前に3Dスティックがスムーズに動くか確認をしましょう。

納得ができない部分があるならやり直すのもアリです。「エポキシパテ」は意外と簡単にキレイに剥がせるので納得がいくまでやり直します。

僕は3回やり直しました。はじめは「エポキシパテ」の取り扱いが難しいので失敗するんですよね。二つ目の難関でした。

納得がいく出来になったらすべてを組み立てましょう。

お疲れさまでした。これで3Dスティックの修復は終了です。

傾きもなくなり、グラつきもなくなりました。これで再びこのコントローラーも活躍してくれるでしょう。

最後に

生産を終了してしまい修理サポートも終わってしまったレトロゲーム機は、不具合が起きてしまったら自分で修理をするしかありません。

でも意外となんとかなるものです。

今回は『ニンテンドウ64用コントローラー』を修理してみましたが、ちょっと苦戦してしまいした。「エポキシパテ」の取り扱いが意外と難しい。

そして、なかなか納得のいく出来に仕上がらない。前述しましたが3回やり直しました。時間がかかりました。

しかし、その甲斐があって修復の出来には、すごく満足しています。

もし身近にヘタった3Dスティックのコントローラーがあればやってみてはいかがでしょうか?

現在の任天堂の大人気ゲーム機『ニンテンドースイッチ』はこちらから。

コメント

  1. […] 関連記事>>【徹底解説】ニンテンドウ64用コントローラーの3Dスティックを修復する […]