朝のたった1つの行動で充実した1日にする方法

こんにちは。宇原哲生です。

昔から「早起きは三文の徳」と言いますね。

朝早く起きると少し良いことが起きる、という意味です。

実際に朝早く起きると、近隣も静かで、気温も涼しいので集中力が出ます。

朝活として運動や勉強に時間を当てる人もいるでしょう。

そんな朝早く起きたときに、まずやってもらいたい1つの行動。

僕はこれで「三文の徳」から「十文の徳」くらいになりました。

やる気がみなぎる

その行動とは、朝一番に外を15~30分程度歩くこと。

最近では「朝散歩」や「朝ウォーク」としてメディアにも取り上げられています。

実際にやってみると身体を動かすので目がばっちり覚めます。頭も冴えてきます。

高い集中力が出て、朝活も高いパフォーマンスでやり切ることができます。

また朝歩くことは規則正しい生活につながります。

1日の調子が違いますし、身体を動かすので運動不足にならずに済みます。

正直、良いことづくめです。

良い睡眠にもつながる

なにも朝だけに良い影響を与えるものではありません。

夜の睡眠にも良い影響を与えます。熟睡ができます。

メカニズムは以下の感じ。

朝歩く→脳内物質セロトニンが生成→セロトニンを原料に睡眠物質メラトニンが生成→良い睡眠

簡単に説明すると、こんな感じです。

良い睡眠には、まず前提として「セロトニン」が充分に生成されないといけません。

充分に生成するためにも朝のウォーキングなんです。

おわりに

朝から晩まで調子がいいと、その日の充実度が違います。

そのためには規則正しい生活が一番です。

規則正しい生活のきっかけに、そして充実した1日にするために。

朝歩く活動を1つ取り入れてみてはいかがでしょうか。

コメント

  1. […] […]