「想像」「空想」「妄想」がツラい人へ

こんにちは。宇原哲生です。

「想像」「空想」「妄想」

呼び方はいろいろあるけれど、頭の中で目いっぱい繰り広げられる物語のこと。

想像豊かなのは良いことだけど、行き過ぎるとこれが頭痛のタネになる。

僕は長年、「頭の中で繰り広げられる物語」の暴走で頻繁に頭痛がして苦しんでいました。

ネットでこの症状を調べてみても「これはこんな症状です」と教えてくれない。

同じ症状で苦しんでいる人はいないのだろうか?

でも似たような症状で悩んでいる人は必ずいるはず。

というわけで今回は、頭の中が暴走気味で悩んでいる人へ送ります。

「頭の中の暴走」への対処法

悩んでいる人にとって、いち早く解決したいと思うので早速、対処法を書きましょう。

それは「すべてをノートに書きだす」こと。

頭の中で繰り広げられる世界をノートへ書き出す。それは文章でもいいし絵でもいい。

書き出すことで重かった頭が次第に軽くなっていきます。

毎日、頭の中を整理整頓することで、「頭の中の暴走」する癖は次第に落ち着いてくるはずです。

原因は何だろう?

そもそも「頭の中の暴走」の原因はなんなんでしょう?

現実からの逃避。叶えたい夢の空想。過去の悔い。未来の不安。

いろんな原因がありそうですが、想いが強すぎて暴走にまで発展してしまったと言えそうです。

脳内のブレーキが利かず、常にアクセル全開で働くわけですから恐ろしい話です。

日常生活に大きな支障が出てきても仕方ありません。

おわりに

起きてる間ずっと考え続けて頭がキリキリ痛むことが続き、止めたくても止められない。

休まるのは睡眠の時だけ。目覚めるとすぐにまた思考が巡りだす。

どうしようもなくなって編み出した方法が「頭の中の世界をノートにすべて書き出す」ことでした。

このおかげで今ではすっかり頭も軽くなり暴走は治まりました。

もし、頭の中が思考で押しつぶられそうになったら、ぜひ試してほしいです。

コメント