「自由」が苦手です・・・。

こんにちは。宇原哲生です。

時々、「自由」ってなんだろう? と考えます。

子供の頃から考えていますが、大人になった今でもはっきり答えられません。

「自由に描いていいよ」と画用紙を渡されると、少し嫌な汗をかきます。

「これ自由にやっていいから」と指示されると軽くパニックになります。

自由ってなんだか息苦しい。。。

範囲が大きすぎて決められない

自由ってあまりにも範囲が大きすぎて、どれに手をつけていいか分からなくなりませんか?

僕の場合、子供の頃から、そして大人になってもひとつに絞れきれない。

優柔不断ってわけじゃないですよ。用意された選択肢があれば、すぐに決められるので。

無い選択肢を自分で決めることが異常なほど苦手なだけ。

この正体を知りたくてネットで調べたけど該当するものが出てこない。

同じような症状の方いませんか? 分かち合いたい。

目標が決められない

そういえば昔から夢や目標を決めるのも苦手です。

いま現在も何を目指しているのか分かりません。ヤバいですね。

影響力をつけたい。収入を増やしたい。

で、その先はどうするの?

影響力や収入はあくまで手段。その手段を使って何の目的を果たしたいのか。

まったく浮かんできません。ヤバいです。本格的にヤバいやつです。

ネットのおかげです

最近になって思ったことがあります。

「とりあえず ブログ×Twitter を突き詰めていこう」と思えるようになったこと。

ぼんやりと薄くですが、目標の輪郭が見えてきたかもしれない。嬉しい出来事です。

ネットのおかげで「自由」の範囲が狭まったのかもしれません。

リアル社会だったら生涯、目標が見つからずに、酷くつまらない人生を歩んでいたかも。

おわりに

何かの病気? と考えても仕方がない。

子供の頃から変わらないのなら、生まれ持った資質なんでしょう。

これからも「自由」ってなんだろう? の問いは続けると思います。

この問いの答えが見つかったら、もう少しは器用に生きられると思うので。

そういえば、このブログは何を書いても自由。

でも不自由には感じないんだよなぁ。不思議。

「ピンチはチャンス」と思ってたほうが有利だと思う
「ピンチはチャンス」という考え方と「ピンチはピンチ」という考え方。この2つの考え方は、のちに大きな格差を生むでしょう。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]