過眠を改善するたった1つの対処法

こんにちは。宇原哲生です。

僕は以前、過眠を患っていました。

夜はしっかり眠っているのに昼間も眠い。その眠気は異常に強く、もう起きていられない。

明らかに生活に支障をきたす眠気で、どうすればいいのか分からない毎日を送っていました。

今現在、すっかり過眠は改善しました。しかも、たった1つの方法で。

別に怪しくないです。何か売りつけることはしません。

今回は過眠を改善した経緯を書いていこうと思います。

過眠になる主な原因

過眠になる原因として考えられるのは主に2つ。

「病気」か「睡眠不足」です。

しっかり眠れているのに睡眠不足? と思われた方もいるかもしれません。

まずはこちらから説明していきましょう。

睡眠不足

しっかり睡眠時間を取っているのに眠い。それなのに睡眠不足とはどういうこと?

「いびき」かいてませんか? 「いびき」が原因で睡眠の質を大きく落としてしまいます。

実は僕がそうでした。

「いびき」をかくことで脳が酸素不足になるそうです。

酸素不足になると熟睡感が得られない。熟睡感が得られないと睡眠の質が落ち睡眠不足となります。

これが毎日続くのでは、昼間も眠気がくるのは当然です。

病気

過眠になる病気はいくつかあります。

「ナルコレプシー」「突発性過眠症」「反復性過眠症」「睡眠時無呼吸症候群」。

もしこれらの病気が疑われる場合は、耳鼻咽喉科もしくは呼吸器内科で診てもらったほうがいいでしょう。

睡眠外来があれば迷わず、そこで診てもらったほうがいいですね。

過眠の改善をする方法

もし「いびき」が原因と考えられる場合は、改善ポイントはたったひとつです。

睡眠時に身体を横向きにして寝てみましょう。これで「いびき」をかきにくくします。

僕はこの方法でばっちり改善しました。

「いびき」をかかないことで、脳内にしっかりと酸素が行きわたり疲れを取ってくれます。

疲れが取れると朝が気持ちよく起きられるようになります。

正直いってこの効果は絶大です。

おわりに

僕自身も、まさか「いびき」が原因で睡眠不足に陥っているとは、気づきもしませんでした。

過眠を患っているときは、ずっと仰向けで寝ていました。まさか「いびき」をかいているとはつゆ知らず。

横向きで寝ることで一夜で一変しました。いままでにない爽快感で起床。

もし過眠で悩んでいる方は、一度でもいいので試してみることをおすすめします。

睡眠の質を向上させるための豆知識。深い睡眠をとって1日を元気に過ごそう!
深い睡眠をとると1日が元気に過ごせるようになります。そんな睡眠の質と量を向上させるための知識を総まとめしました。睡眠の改善と向上を目指している方へ大きな助けになれば幸いです。さらに睡眠の質を向上させる情報が更新されれば、どんどん追加していきますよ。

コメント