「人生のビジョン」の見つけ方。将来設計を立てやすくして、夢・目標を定めよう!

こんにちは。宇原哲生です。

みなさんには「人生のビジョン」というものはありますか?

ビジョンとは、自分のやりたい事の方向性。将来、成し遂げたい視覚的なイメージのことをいいます。

ビジョンがあると将来の方向性が決まるので、夢や目標が定まりやすくなります。

例えば、「自分に関わる人たちを笑顔にして、明るい人生を送ってもらう」というビジョンを定めたとしましょう。

そこから逆算をすると、何になりたいか将来像が見えてくると思います。

芸人も考えられますし、シェフも考えられます。テーマパークスタッフも入るのではないでしょうか。

こういう風に「ビジョン」があると将来設計がやりやすくなります。

では、その「ビジョン」はどのようにして見つければいいのでしょうか?

ビジョンの見つけ方

ビジョン画像A

「ビジョン」は、そう簡単には見つかるものではありません。

だからといって、何もしないままでは見つかるものも見つかりません。

これから、いくつかの行動をとることで「ビジョン」を見つけるヒントがあるかもしれません。

紙に書き出す

まずは紙に書き出すことをやってみます。

というのも、頭の中だけで考えていては、思考が整理できないからです。

では何を紙に書き出せばいいのでしょうか?

興味があること

興味があること、楽しいと思うことを些細な事でもいいので、思い出す限り書いてみます。

子供の頃に夢中になったこと。現在楽しいと思っていること。将来やりたいと思っていること。

過去、現在、未来にかけて楽しかったこと、興味があったことを書いていきましょう。

嫌いなこと

自分の嫌いなこと、なりたくない将来像なども書いてみましょう。

悪口が嫌い。満員電車に乗って通勤したくない。孤独になって生きたくない。

嫌いなことを挙げることで、逆にやりたいことが見えてくると思います。

優先順位をつける

「興味があること」「嫌いなこと」で書いた内容から順位をつけていきます。

生活をしていくうえで、何が譲れて何が譲れないのかを明確にしていきましょう。

順番をつけていくことで何を大切にしているかが明確になり、目指す方向性も見えてくるのではないでしょうか。

行動する

行動してみない限りは何も始まりません。

現在「ビジョン」を持っていないのならば、今の環境には「ビジョン」となる核は無いのでしょう。

それならば、新しい領域に出て、新しいことに挑戦をしてみましょう。

その際、楽しい感情、ワクワクする感情を大切にしてください。

ツラい、キツい気持ちで続けていたら、気持ちが折れて挑戦が続かなくなってしまいます。

1兆円があってもする仕事

もし目の前に1兆円があったとします。生涯収入を超えた金額ですね。

そんな大金があってもやるだろう仕事を思い描いてみましょう。

思い描けたらそれが本当にやりたい事です。

自信をもって思い描いた将来像に向かっていきましょう。

ビジョンを見つける時の注意点

「ビジョン」を見つける際に気をつけることがあります。

間違った方向へ進んでしまうと、時間を無駄に失うことがあります。

自分が幸せになる

誰かのためではなく、自分が一番幸せになることを優先しましょう。

自分自身の人生です。他の誰かのためにやったとしても、「ビジョン」が定まった時には離れている可能性があります。

自分を優先して行動していきましょう。

周りに意見は気にしない

将来に向けて行動する過程において、否定をしてくる人が現れるでしょう。

そういう人たちの言うことは無視していきましょう。

一度きりの人生です。誰かのために時間を費やしてる場合じゃありません。

自分を信じていきましょう。

ビジョンは移り変わる

変化を楽しむ

年齢を重ねていくと方向性も変わることがあるでしょう。

それは普通にあることなので気にしないでいいです。

柔軟に対応していきましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。

「人生のビジョン」を見つけることで方向性が定まり、将来に向けて生きやすくなります。

しかし、そう簡単に見つかるものではありません。

様々な行動を起こすことでしか見つからないでしょう。

今の頑張りが将来につながります。

今回の記事が、何かのヒントになれれば幸いです

「夢」「目標」「やりたい事」が見つからない人のための処方箋。いつからでも探すのは遅くない!
「夢」「目標」「やりたい事」を明確に持っていない人は意外と多いようです。今回は「夢」「目標」「やりたい事」を見つけるためのヒントをまとまてみました。やりたい事を明確に持って生きている人は、なんだか全体的に輝いて見えますよね。羨ましく見えます。

コメント

  1. […] […]