さっそく壁にぶち当たる【成長の足踏み状態】

こんにちは。宇原哲生です。

ブログ更新を再開して、およそ2ヶ月近くが経ちました。

なんとなくですが壁にぶち当たった感じがします。

上手くことが運ばない場面が増えてきました。

アイデアが浮かんでこない。動きがストップしてしまう。焦燥感。

このままではいけないと対策を始めました。

この対策が少しずつ成果を表したのでシェアしたいと思います。

壁にぶち当たった時の症状

僕が今、現在かかえている症状はこちら。

焦り

思うように事が運ばず気持ちが焦ってしまっています。

焦っているので余計に気持ちが空回りしています。

イライラ

上手くいかない場面が多くなったためイライラが募ってきています。

イライラがかえって悪循環を生んでしまっています。

拒否反応

ストレスがたまってきて苦痛を感じ始めます。

苦痛を回避しようと、身体と心が拒否反応を起こし始めています。

壁にぶち当たった時の対処法

いまの状態でやり続けるのは心身を壊しかねません。

非常に良くない状態です。なので早々に対処を始めました。

生活習慣を整える

焦燥感から生活習慣に乱れが出始めていました。

なので、生活習慣を整えることを行いました。

充分な睡眠をとる。朝、昼、晩の食事をバランスよく食べる。運動をする。

これらの習慣を整えることで生活の乱れがなくなり、焦燥感も無くなってきました。

自分のペースを取り戻す

焦りは本来の作業ペースを乱し始めます。

落ち着きを取り戻すためにも気晴らしは必要です。

散歩をしたり、読書をしたり、音楽を聴いたり。

気持ちに緩急をつけることで、本来のペースが戻ってきます。

瞑想をする

上手くいかない時は考えすぎて頭の中がごちゃごちゃになります。

これには瞑想が効きました。

心が落ち着き、気持ちも軽くなってきます。

頭の中が軽くなり、すっきりした気持ちで過ごせるようになります。

この先も続けていくために

壁にぶち当たったときに挫折する人は多いです。

そのままやめていく人もいます。

僕も何度も挫折を味わってきているので、すごく気持ちが分かります。

壁にぶち当たった時は、なんとか乗り越えようと無理をしがち。

この無理がかえって心を折ってしまう原因になるんですよね。

一旦、距離を置き休息をすることで冷静を取り戻すことができます。

目標は逃げませんから、自分の安全なペースで乗り越えていきたいものです。

おわりに

ものごとを続けていくと必ずと言っていいほど壁にぶち当たります。

これは成長をしている証。前を進んでいるからこそ起きる現象です。

この足踏み状態がいつまで続くのか分かりませんが、前に進んでいる限り突破できるでしょう。

「千里の道も一歩から」と言いますし、焦らず急がず一歩一歩進んでいきたいですね。

コメント