【レビュー】家で気軽に有酸素運動ができるエアロバイク『STEADY』を使用してみた

こんにちは。宇原哲生です。

健康のためには運動は欠かせないものです。しかし最近は運動不足を痛感しています。

しかし外での運動は雨が降ったりと天気に左右されがち。ジムに行きたくてもお金がかかる。

天候に影響されず、場所を選ばず、お金もかけず、しっかり運動することができないものか…。

そんな都合がいいものなんて・・・あります!

それはエアロバイク。部屋で思う存分、運動ができます。折りたたみ式ならば場所も取りません。お金も1万7000円くらいあれば買えます。ずっと使っていけば、しっかり元がとれます。

なんて高いコストパフォーマンス!

今回、購入したのは「STEADY フィットネスバイク ST102」です。

ついでに以下の2点も購入しました。

まず床を傷から守ったり、防音のために敷くフロアマット。

そしてエアロバイクに長時間座るとお尻が痛くなると思ったのでサドルカバーも購入。

今回は組み立てから使用するまでを書いています。

『STEADY フィットネスバイク ST102』を組み立てます!

STEADYフィットネスバイクA

いきなり重くて大変!

段ボール箱に入っていたバラバラになっている部品を組み立てていきましょう。商品の重量は約15kgあり、ずっしりと重いです。

正直、一人で組み立てるのは大変かもしれません。二人以上で組み立てることをオススメします。

まずは説明書を見てみましょう。組み立て手順は8項目だけ。見た感じでは簡単に組み立てられそうです。

ボルトは、すでにボルト穴に軽く取り付けられています。これはボルトの取り付け間違いを防止するための配慮のようです。親切ですね~。

・・・。

・・・・・・。

・・・・・・・・・。

一人で黙々と組み立てていました。組み立て上がるのに約40分ほどかかったかな?

本体のモーター部分が重く少し手こずったこと以外は、簡単に組み立てられました。

さっそく乗って漕いでみた

サドルは高さを7段階から調節が可能で、身長145cmから185cmまで対応。そしてペダルの負荷は8段階から調節ができ、数字が大きくなるほど負荷が重くなっていきます。

僕は負荷を「6」にしてみました。軽い坂道を登っている感覚のペダルの重さで、運動強度は中度程度でしょうか?

20分ほど漕いでいくと全身にしっとりと汗が出てきました。

使ってみた感想は?

ビックリしたのが思っていたよりも、ペダルを漕いだときの音が静かだということです。僕の住んでいるところは集合住宅なので音が一番気になっていたのですが、まったく心配ないですね!

そして折りたたみ式なので、場所を取らないというのも大きなポイント。

表示モニターには「カロリー消費」や「走行距離」「心拍数」「走行時間」が表示されます。目標を立てながら運動するのにいいですね。

エアロバイク以外にも購入した物もあるので、こちらの感想もいきましょう。

サドルカバーは弾力があり、有ると無いとでは大違い。無いとお尻がヒリヒリしてきて漕ぎ続けられません。

フロアマットはもしかして僕のところでは必要なかったかもしれませんね。そもそも振動音がしないエアロバイクでしたし。床が傷つく心配もないかな、と。

・・・ところでボルトとワッシャーの2組が余りました。

製造上の問題でしょうか。ボルト穴がずれていてボルトが入りませんでした。上部フレームを接続するためのボルトでした。

幸い反対側ははめることができたので、この場所はボルトをはめなくても問題はなかったので良かったのですが。残念なポイントでした。

おわりに

いかがだったでしょうか? 数あるエアロバイクがありますが、今回購入した商品はとても使いやすく音も静かで満足しています。

次回は、徹底的に使用したあとのリポートをまとめてみようと思います。

https://donyokumater.com/exercise-bike-review-02

コメント

  1. […] 関連記事>>>『STEADY (ステディ) マグネティックエアロバイク ST102』を購入したので使っ… […]