SNSを楽しく続けるためのコツ。「好きこそ物の上手なれ」でやっていこう!

こんにちは。宇原哲生です。

Twitter、facebook、Instagram、LINE。

SNSと呼ばれるサービスはたくさんあります。利用している人も多いでしょう。

ではSNSを使って情報発信をしている人は、どのくらいいるのでしょうか?

情報発信とは、自ら情報を発信して他の人に提供することを言います。

様々なデータがありますが全体利用率の1割にも満たないようです。

そして多くの人は情報発信をしても辞めていってしまいます。続けていくのは難しいものです。

今回は「SNSを使って楽しく情報発信を続けるためのコツ」をテーマにやっていきます。

好きな人、楽しむ人には敵わない

SNSイメージ画像

とはいっても初めはきつい

楽しく情報発信をする、といっても初めのうちはちょっと苦しいかもしれません。

フォロワーもいないですし、発信をしても反応がないので寂しい感じがします。

長期的な目線でやっていきましょう。何事も焦りは禁物。

発信をしていくなかで「自分は何をに発信をしていくのか」が確立されていきます。

このがとても大切。共感を得られれば自然とフォロワー数も増えてくるでしょう。

ハードルを下げる

フォロワー数を多く持つ人たちの投稿を見ると、1日に何回も投稿しています。

しかも投稿内容のレベルが非常に高い。

これを見てしまうと「自分には無理…」と気持ちが折れてしまっても仕方ありません。

初めのうちは誰かの真似をしなくていいです。

気持ちの敷居を思い切り下げて投稿することをオススメします。

1日1回、「おはようございます」だけでも大丈夫。

僕の場合も初めは「おはよう」だけの投稿でした。

まずは投稿をすることに慣れていきましょう。

他の人は気にしない

フォロワー数を増やしていくには、まず他の人をフォローをして自分を知ってもらう必要があります。

そしてフォロー数が増えてくるとタイムラインに色んな人の意見が表示されていきます。

ここで危ないのは他の意見の影響を受けてしまい、自身の発信の軸がブレてしまうことです。

おそらく多くの人は最初から強い軸は持っていないと思います。

影響を受けてしまうと高いレベルの投稿を目指すようになり、だんだんと投稿が重荷になっていきます。

これでは楽しい情報発信ができません。

色んな人が色んな意見を投稿してきますが、あくまで参考程度に。

それでも影響を受けそうなときは、投稿は見ないという方法もありでしょう。

数字は気にしない

フォロワー数が増え始めると数字が気になってきます。

フォロワー数。インプレッション数、「いいね」の数。

「気にするな」といっても多分気になるでしょう。

フォロワー数が少ないと、ちょっとした数字の増減が大きな数字に見えてしまうものです。

一喜一憂しない。これにはある程度、慣れが必要になってくるかもしれません。

情報発信は長期戦です。

まずは投稿することに慣れ、自身の発信する軸をつくり、毎日投稿していく。

自分なりの型をつくり続けていけば自然と数は増えていきます。

どうしても影響を受ける人は、目をつぶって数字は見ないという方法もあります。

投稿しやすい時間帯で

SNSには投稿が見られやすい時間帯が存在します。

SNSごとに時間帯は違うようですが、見られやすい時間帯は投稿の数も多くなります。

みんながこぞって投稿するので「こちらも投稿しなくちゃ」と焦ってしまうでしょう。

だけど初めのうちは時間帯は無視でいきましょう。

投稿が見られやすい時間帯よりも、投稿がやりやすい時間帯で。

他の人と合わせる必要はありません。

ちなみに僕は昼間はほぼ投稿しません。夜の投稿が落ち着いた時間帯が気分が乗ってきます。

投稿しても反応は少ないですが僕自身が楽しいので、これで良いと思っています。

あとは慣れて気持ちに余裕ができれば、昼の投稿をすればいいかな、と軽い気持ちでやってます。

おわりに

成功をするには成功者の真似をすればいい。

だからフォロワー数を増やしたいならばフォロワー数の多い人の真似をしよう。

確かに理にかなっていると思います。

だけど楽しくできなければ続きません。

もっと古い時代から語り継がれている言葉があります。

好きこそ物の上手なれ

好きな人、楽しむ人には敵わない。

やっぱり楽しくやることが一番です。

コメント

  1. […] […]