【レトロゲーム発見伝】 バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海 の巻

ちょっと懐かしい、でもいま遊んでも面白い。そんなゲームの紹介をしていきます。

バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海

2003年にニンテンドーゲームキューブで発売されたRPG。ゲームキューブ完全新作タイトルとしては歴代3位の売り上げを誇っている。2006年には続編 『バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子』が発売された。

どんなゲームなの?

プレイヤーは主人公「カラス」に宿る「精霊」である。つまり「プレイヤー=主人公」としてではなく「精霊本人」となって参加し、仲間たちとともに物語を紡いでいく。

物や元素などを封印し携帯できるカード「マグナ・エッセンス(通称、マグナス)」を駆使して、空高く浮かんだ大陸を舞台に、カラスと精霊(プレイヤー)たちは戦いに身を投じていく。

帝国アルファルドから、古の神々が封印された「エンド・マグナス」を守り、邪神マルぺルシュロの復活を阻止することができるのか?

遊んだ感想は?

このゲームは舞台、物語、戦闘、どれをとっても非常にユニークであり、いまのところ同じようなゲームに出会ったことがない。

舞台である浮かぶ大陸はいくつもあり、「雲の国」「虹の国」「花の街」「お菓子の村」「絵本の村」と、それぞれが個性的かつ幻想的な世界観を持ち、とても遊びごころに富んでいる。

戦闘も非常に特徴的で、キャラクターごとに持つ「マグナス」を編成し1枚を選んで戦う。まるでカードゲームのような戦略的なバトルだ。

物語は良い意味で何度も裏切られ、「これでもかっ!」と意表をついてくるというのも、このゲームが支持された要因のひとつだと思う。

この遊んだ感動をみんなと共有したいけど、いまとなってはなかなか遊べる機会がなくなってしまってるのがとても残念。

ぜひ現代に蘇って欲しいという願いをこめて取り上げてみました。

コメント