今日1日だけやってみる【長く継続する方法】

こんにちは。宇原哲生です。

ものごとが続かない原因の一つとして「目標を遠い未来に設定している」があります。

目標を設定するのは良いことですが、遠すぎてしまうとモチベーションが続きません。

人間のやる気は苦痛を感じた瞬間にブレーキがかかってしまうのです。

そこでおすすめなのが「今日1日だけやってみる」というやり方。

目標設定を今日1日だけに収めてしまう方法です。

遠い目標はやる気を失う

目標は到達するまでに、とても時間がかかるものです。

そのまま遠くに目標を設定していては、次第にウンザリしてきてやる気を失ってしまいます。

試験勉強をするにも1年先を見据えていると、遠く感じてモチベーションも高まりません。

人間って基本的に怠けものなので、目標設定を近くしないと動けないんです。

試験にも時々、模試があるからこそモチベーションが保てます。

近い目標ならやる気が出る

さらに短い目標設定にすれば、モチベーションを高いまま維持できます。

それが「今日1日だけやってみる」

今日1日だけ、と考えるなら多少はやる気が出てきます。少しでもやる気が出ればこちらもの。

明日になれば、また今日1日だけやってみる。

この連続で行動していけば、いつの間に長く継続していくことでしょう。

義務感にしてはいけない

「今日1日だけやる」が「毎日やらないといけない」になってしまうと本末転倒になるので注意です。

「やらないといけない」という気持ちは、義務感が働きます。

義務感がともなう作業は、とてもつまらないものになりモチベーションも落ちてしまいます。

あくまで今日1日のことだけを考える。明日以降のことは一旦忘れましょう。

おわりに

目標があることは良いことです。目標があるから毎日が充実してきます。

でも、いつまで経っても評価が目に見えないと、やる気も次第に失ってしまいます。

これは非常にもったいないことです。

小さな達成感を得ることで、モチベーションも高く維持できます。

「今日1日だけやってみる」は、今日1日だけに焦点を合わせているので毎日、達成感を得られます。

毎日は1日の積み重ね。目標を限りなく小さく刻んでいくことが、結果的に長く継続するコツです。

継続には「楽勝」レベルを維持しよう
今日は疲れ切ってやる気も出ません。でも楽勝レベルでやっているので何も苦もなくブログ更新です。やる気に頼っていては裏切られ継続も中断してしまいます。調子に振り回されないでやっていきましょう。

コメント